特定健診は必ず受けなければならないのか
検索トップに戻る 検索結果に戻る
FAQ ID:102377
質問
特定健診は必ず受けなければならないのか

回答
強制ではありませんが,ご自身の健康管理のために受けていただくことをお勧めしております。

 健保組合,共済組合,国民健康保険など医療保険者に対して,40歳から74歳までの被保険者を対象に特定健康診査の実施が義務づけられていますが,当然のことながら,強制的に対象者の方に受診していただくものではありません。自らの健康管理の手段として,また生活習慣を見直す機会として受診していただきたいと考えています。

 なお,妊産婦の方,病院・診療所に6ケ月以上継続して入院されている方,老人ホーム,介護老人保健施設,障害者支援施設等に入所・入居されている方等は受診していただく必要はありません。

 病院・診療所に通院しておられる方も受診することができます。


<お問い合わせ先>
保健福祉局生活福祉部保険年金課
電話:075-213-5862



市政情報総合案内コールセンター
愛称: 京都いつでもコール

電話、FAX、Eメールでご利用できます。
年中無休 午前8時~午後9時
  電話   075-661-3755(皆ここ)
  FAX   075-661-5855(御用はここ)
  Eメール (送信フォームをご利用ください)
        http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html(パソコン)
        http://www.city.kyoto.lg.jp/mobile/main/page/0000180068.html(携帯電話)